読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の居ない 人生など

渋谷すばるくんに惚れた人間の備忘録

ただいま、ジャニーズ

ジャニーズって不思議な世界ですよね。これがしょっぱなの文章ってどうなんだ?

 

初めて触れたのが中学一年生の時で。友達に借りてたHey!Say!JUMPのDVDをインフルエンザで暇してた時に鬼のようにリピートしてたらいつの間にか有岡大貴くんばっか目で追うようになっちゃってたのがきっかけでした。それからコンサートにも何度か行きまして、本当にジャニオタ楽しんでました。それが大学受験をきっかけにちょっとずつ離れていって…。大学入学した時にはもうジャニオタだなんて名乗れるほどの熱量はなくなっちゃってた。

 

それから約2年。高校時代の友人とも「もうジャニーズは戻らないよね~」なんて話してた私が戻ってきてしまった。

 

そう、それが関ジャニ∞です。

 

この沼すごいですね。元々友人がeighterだった関係で曲もそこそこ知ってたし、メンバーの人となりもそれなりではあったものの分かってた。いや、正確には分かっていた「つもり」でした。ちゃんと好きになってから知れば知るほど分かってくるキャラの濃さ・愛おしさ。私を数年ぶりにジャニオタに戻してくれるには十分すぎる人たちでした。

 

今までの私の中での関ジャニ∞って「面白い人たちの集まり」って感じで。いや、今でもそこは私の中でぶれてはいないんだけれどそれだけではなかったですね。なんて素敵で魅力的な7人のおじさん達なんだ。(褒めてます)

 

私が「この人達のこと好きだな」って思い始めたきっかけは「関ジャニクロニクル」です。twitterで「イケメンカメラ目線」とか「英会話伝言ゲーム」とかの動画が面白動画として回ってきてたから存在そのものは知ってたんですが、関東ローカルってことでどうせうちでは放送されてないだろ。ってずっと放ってたんですよね。

 

でもある日その回ってくる動画があまりにも面白いから段々興味持ち始めてきて。そんな時にたまたまTVから流れてきたのが関ジャムのちょうど高橋優くんとやる象で。え、関ジャニってすごい!って楽曲調べてクロニクルをネットで見始めました。これがきっかけです。私に関ジャニを好きになるきっかけをくれた象は永遠に特別な曲です。

 

それで一週間で半年分くらいのクロニクル見て(暇人なんです)一つ気づいたことがあって。

 

渋谷すばる君のことしか見てないじゃないか!!!

 

と。

 

いつかこのこともブログにまとめたいなって思ってるんだけど、私昔ちょっとすばる君のこと苦手でして…。だから尚更自分の中の衝撃が大きかったんですけど。

 

すばる君って長髪で怖いっていう勝手なイメージ強すぎて、でもだからこそその分関ジャニ∞という輪の中にいるすばる君の姿が大きなギャップに感じて目が離せなかったんだと思う。

 

前述した通り私の中の渋谷すばるって「怖い」が大部分占めていたんです。でも関ジャニ∞渋谷すばるってとにかく楽しそうなんですね。笑い皺できるほどクシャっとした笑顔で笑うしメンバーのやることに大口開けて手たたきながら喜ぶし、彼自身も面白いし。「あ、すばる君ってこんな人なんだ」って…。これ、好きになりたてで情報の少ない今の時期だからこそ言えることのような気がする、なんとなく

 

あと余談ですが私ぱっつんが似合う男子性癖レベルで大好きなのでそれもすばる君に惹かれる要因の一つなのかな。ほんとに余談ですが。

 

ぱっつんで大きなお眼目で綺麗な顔立ちなのに世間一般的なアイドルのイメージからはかけ離れた言動・行動の多い、そんな渋谷すばるという人間がどんどん気になっていって。

 

そして今や立派なす担です。

 

まだまだ勉強中なことばかりですが今はとにかくジャニオタってやっぱり楽しいって気持ちでいっぱいです。本当に楽しい。

 

というわけでジャニーズって離れられない世界なんだな。って最近しみじみ思いますってことで冒頭の一文に繋がります。無理矢理つなげました。

 

一発目のブログは一人の人間が関ジャニ∞、そして渋谷すばるに惚れた話でした。